TikToker

板橋ハウス(TikTok)のメンバーは芸人?3人のプロフィールとおすすめ動画も!

TikTokで人気急上昇中の板橋ハウス

男性3人がルームシェアをしながら暇つぶしのように面白いことをしたり、ドッキリをしたりとシェアハウスの生活を動画にあげています。

2020年12月にはYouTubeを始めています。

私もTikTokのおすすめに出てきて、最初は「なんだ?」という感じで見ていましたが、

動画のゆるさとじわじわくる面白さで、投稿されるのを楽しみに待つようになりました。

私と同じようにハマってる人も多いと思います。

そんな3人はどんな人で、どんな仲間なのか気になりました。

そこで今回は

『板橋ハウス(TikTok)のメンバーは芸人?3人のプロフィールとおすすめ動画も』

ということで

板橋ハウス(TikTok)のメンバーは芸人?

板橋ハウス(TikTok)3人のプロフィールは?

板橋ハウス(TikTok)のおすすめ動画

ということで調べていきたいと思います。

板橋ハウス(TikTok)のメンバーは芸人?

調べたところ板橋ハウスの3人は芸人

板橋ハウスは吉野さん、竹内さん、住岡さんの3人でシェア生活をしています。

そして3人とも芸人さん。それぞれ別の人とコンビを組んでいるようです。

吉野さんは吉野おいなり君という芸名で2016年に「めぞん」というコンビ名で活動。

相方は同じ九州出身の原雄太郎さん。

芸歴5年目、結成5年目で、毎年Mー1グランプリに出場していますが、2回戦止まりになっています。

竹内さんはピュート竹内という芸名で活動しています。

竹内さんは最初に「扇」というお笑いコンビを結成し、2016年4月に解散。

その後「チョコミント」としてコンビを結成しましたが2018年12月に解散しています。

2度の解散後、2019年に「ピュート」としてコンビを結成しました。

芸歴は5年目。ショーレースへの参加歴は見つからず。

M−1などには出てるとは思いますけどね!

住岡さんは、本名の住岡遼太とし活動しています。愛称はすみ。

住岡さんは2016年4月に「軟水」というコンビを結成。

これまでMー1グランプリに2度出場。いずれも2回戦敗退。

今のコンビの前は「くじらロケット」というコンビを組んでいたようです。

さらに住岡さんは板橋ハウスとは別に「新・住岡ツルマル」という個人チャンネルでYouTube活動もしています。

YouTubeでは住岡ツルマルと名乗っているようですね。

 

▼TikTokで気になる他の芸人▼

ニコニコさかいは何者?芸人で年齢やプロフィール・事務所も現在TikTokで人気急上昇中の 『ニコニコさかい』 「社長!社長!」の掛け声から始まり、 視聴者の質問に答えていくの...

こちらもよければご覧ください☆

板橋ハウス(TikTok)3人のプロフィールは?

ここで板橋ハウス3人のプロフィール紹介していきます!

本名:吉野 祐介

芸名:吉野おいなり君

生年月日:1994年2月3日

年齢:27歳

出身地:福岡県北九州市

3人の中でまとめ役?

動画の進行や動画の中でもけっこう先人を切って始めるような感じがします。

住岡さんと同学年。私は吉野さんの歌の歌詞間違いの動画が好きで一推しです!

本名:不明

芸名:ピュート竹内

生年月日:1995年1月6日

年齢:26歳

出身地:名古屋

3人の中で1番年下。といっても学年で言ったら1つしか変わりませんが。

そのせいか動画では1番いじられるタイプ。

あくまで私が見ててそう感じてるだけかもって感じです。

いつもゲームをしているところで他の2人がボケる。

そこに竹内さんが突っ込む。

板橋ハウスでツッコミ担当ですね!

本名:住岡 遼太

別名:軟水住岡・住岡ツルマル

生年月日:1993年6月22日

年齢:27歳

出身地:大阪市西成区

3人の中で一応、1番年上。動画の中でも冷静な人に一瞬見えますが、さらっと面白いことをして楽しませてくれます。

板橋ハウス(TikTok)のおすすめ動画

↓これが1番みられるシリーズではないでしょうか?

 

↓この歌詞間違えシリーズが私の大好きなやつです。

 

↓この動画で3人のことが結構わかると思います。

他にもたくさんあるのでお気に入りを見つけてみてください。

まとめ

今回は『板橋ハウス(TikTok)のメンバーは芸人?3人のプロフィールとおすすめ動画も』

ということで書いてきましたが

3人の動画が面白いのは、3人とも芸人さんということがわかりました。

まとめ役の吉野さん。

いじられ、ツッコミの竹内さん。

冷静でサラッと面白いことをする住岡さん。

この3人のバランスがクセになるポイントだったんですね!

3人それぞれのコンビの漫才も見たいですが、3人のトリオ漫才という形も見てみたいです。

これからも板橋ハウスは期待大!!

今後の活躍を応援しています。