政治家

川勝平太は子供(息子)はいない!妻は貴美で父親も政治家?

川勝平太氏は静岡県知事。

川勝平太氏は2021年に4回目の県知事に当選を果たしたばかり。

岩井茂樹氏が62万4967票、川勝平太氏が95万7239票で当選。

静岡県民としては県知事について改めて知っておきたいことが多いですよね。

今回は

『川勝平太は子供(息子)はいない!妻は貴美で父親も政治家?』

としまして川勝平太県知事の家族について調査してまとめました。

▼今回まとめたのはこちら

川勝平太は子供はいない!と言える理由

川勝平太の妻について

川勝平太の父親も政治家か?

それでは本題に行ってみましょう。

川勝平太は子供(息子)はいない!

川勝平太氏を調べようとすると

「川勝平太 子供」

と検索されているのが分かります。

他の政治家でも息子や子供がいるのか、妻はどんな人なのかはよく検索されることです。

調査してみたところ川勝平太氏は子供はいない可能性が高いです。

と言うのも、インタビューなどで、子供についてエピソードが語られていないから。

そして2021年1月には、不要不急の外出を控えて欲しいと呼び掛けたのに

川勝平太氏と妻1人で軽井沢に帰省していたことが大きな波紋を呼びました。

県民、国民としては県をまたぐ外出にかなり神経を使って、自粛していた頃でした。

家族だけで車での移動でもしていいものか悩んだ時期です。

川勝平太氏は現在、72歳なので、仮に年齢から考えるとお子さんがいたとしたら40代くらいなので、

この時一緒に帰省していなかったとしても不自然ではありませんが

川勝平太氏は4期に渡っても県知事を歴任しているのにお子さんについて触れることがないので、子供はいないと思われます。

そして公式の川勝平太氏のプロフィールにも家族構成には「妻・愛犬」とあるので、やはり子供はいないのだと思います。

川勝平太の妻の名前は貴美

川勝平太氏の妻の名前は「川勝貴美」さん。

「貴美」は「きみ」と読みます。

県知事選の間、川勝平太さんの選挙活動にも参加されていたようです。

選挙中にもマイクを握ったとのことで、演説をされたのだと思われます。

 

川勝平太氏の妻である「川勝貴美」さんの生年月日は1947年生まれ。

今年74歳になる年齢。

川勝平太氏は1948年生まれの73歳になる年なので、1歳しか違いませんが、

「姉さん女房」

だと言うことが分かりました。

川勝貴美さんについて調べると何冊か本を出版している作家さん?だと言うことが判明。

  • イザベラ・バード旅の生涯
  • 飢鬼(ハングリーゴースト)
  • パラダイスの夢

 

著書の紹介文には

川勝貴美さんについて

早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。

そして元高校の英語の教諭だったことが記載されていました。

となっていました。

川勝平太氏も早稲田大学出身。

もしかしたら大学時代に出会ってご結婚されたのかもしれませんんね。

ご夫婦で高学歴!!

川勝平太氏の妻についてまとめますと

川勝平太氏の嫁は

名前:川勝貴美(かわかつ きみ)

年齢:74歳(1947生まれ)

出身大学:早稲田大学

元高校の英語の教諭

品があって、旦那さんを支える嫁というだけでなく、作家としても活躍している女性だということが分かりました。

川勝平太の父親は政治家?

政治家は親子揃って政治家も珍しくないですよね

調べたところ川勝平太氏の父親は政治家ではなさそうです。

ただ、川勝平太氏は早稲田大学政治経済学部出身ですが、

川勝平太氏の父親も早稲田大学だと過去にインタビューで語っています。

政治家だったら調べたら出てくると思うのですが、検索したところ出ては来ないので、政治家ではないのだと思います。

早稲田大学政治経済学部の卒業後の就職先を見ると、

国家公務員や大企業が多数を占めるます。

今でいうハイスペックな父親なのだということは予想がつきます。

そして川勝平太氏が幼少期に母親から「バイオリン」を習ったらどうか?

と言われたというエピソードがありました。

川勝平太氏はハイスペックな父親を持ち、裕福な家庭に育ったのではないかと想像します。

まとめ

今回は『川勝平太は子供(息子)はいない!妻は貴美で父親も政治家?』

ということで川勝平太氏の子供や妻・家族についてまとめました。

川勝平太氏にはお子さんはいないようです。

川勝平太氏の公式プロフィールには家族構成が「妻・愛犬」となっていること、

今までインタビューに語られた内容に子供とのエピソードがないことから子供がいないことから予想しました。

川勝平太氏の妻は川勝貴美(きみ)さん。

年齢は川勝平太氏の1つ上の1947年生まれの74歳。

川勝平太氏の妻も早稲田大学出身で、何冊か著書を出されていることが分かりました。

川勝平太氏の父親についても調べましたが、おそらく政治家ではなく、

川勝平太氏と同じ早稲田大学政治経済学部で、高学歴だということまで分かりました。

今後も川勝平太氏は県知事として注目されることは間違いありません。

今まで以上にご活躍されることを願っています。