政治家

小林鷹之の嫁は弁護士!家族構成や実家・兄弟についても調査!

第100代目の内閣総理大臣に岸田文雄氏が選出されました。

それにともない、新設された「経済安全保障」担当に、

衆議院議員の小林鷹之(こばやし たかゆき)氏が起用されることとなりました。

小林鷹之氏は、見た目のさわやかなイメージから早くも、イケメンと話題です。

小林鷹之氏ってどんな人?と気になっている人も多いのでは?

ということで今回は、

『小林鷹之の嫁は弁護士!家族構成や実家・兄弟についても調査!』

と題して、

小林鷹之氏の嫁や子供

小林鷹之氏の父親、母親、兄弟

といった家族構成について調べてみました。

▼小林鷹之氏の身長や学歴はこちら

小林鷹之は高身長でイケメン!中学・高校は開成でバスケ少年だった!初入閣を決めた、小林鷹之(こばやしたかゆき)氏。 これまでに24歳で大蔵省に入賞し、防衛政務官などを務めてきました。 小林鷹...

 

それでは小林鷹之氏の妻についてから、いってみましょう。

小林鷹之の嫁(妻)は弁護士!

小林鷹之氏の嫁は現役の弁護士のようです。

小林鷹之氏の嫁の名前は、非公開で不明でした。

小林鷹之氏の嫁の年齢は、

「大学時代の同級生」という情報があったので小林鷹之さんの妻も同じ46歳だと思われます。

断定できないのは、

小林鷹之氏は1年間の浪人を経て大学へ、

更には留年もしているからです。

嫁は1つか2つ年下の可能性もあります。

小林鷹之氏は、1年浪人をした後、東京大学教養学部文科Ⅰ類に入学、

4年生時には留年もしました。

そして最終的には東京大学法学部を卒業しています。

小林鷹之氏の妻も、東京大学法学部を卒業しています。

2人は19歳の頃出会い、付き合い始めます。

しかし、小林鷹之氏はボート部のキャプテンを務めるなどで忙しく、

月に2回ほどしか会えなかったそうです。

卒業後も交際は続き、

小林鷹之氏と妻は2006年11月に結婚しました。

:小林鷹之と嫁の子供や家族構成

小林鷹之氏と嫁の間には子供が1人いて女の子です。

したがって、小林鷹之氏の家族構成は、

小林鷹之氏・妻・娘

の3人です。

小林鷹之氏の子供の名前は、小林遥夏さんです。

小林鷹之氏のブログに、家族について書かれた記事があり、その最後に、

「遥夏、パパとママと一緒に歩いていこうな」

という文がありました。

小林鷹之氏の子供の年齢は、

おそらく11歳で小学5年生です。

これは小林鷹之氏が2017年のFacebookで、

「自分の娘(小1)が「パパ〜」と言って突然現れ、足に抱きついてきました」

と書いているのを発見しました。

ここから、2017年時点で7歳ということが分かります。

小林鷹之氏のツイートには、よく娘が登場します。

小林鷹之氏の娘への溺愛ぶりが大変よく伝わってきます。

小林鷹之氏は現在、千葉県八千代市在住です。

小林鷹之氏の娘は、千葉県八千代市生まれで八千代市育ちです。

「いつでも、帰ってこられる故郷と言うべき場所を娘には作ってあげたかった」

と、

小林鷹之氏自身の生まれ育ったところに近い、

千葉県八千代市に定住を決めたそうです。

娘には地域の人たちとのつながり、

絆を大切にしながらすくすくと育ってほしいと願っています。

小林鷹之の実家の父親・母親について

小林鷹之氏の父親の名前は、

小林泰芳(こばやし やすよし)さんです。

小林泰芳さんは、2015年に73歳で他界しています。

ネット上では小林鷹之氏の父親は衆議院議員だったという情報もあるようです。

しかしこれは間違いで正しくは、

小林鷹之氏の父親はサラリーマンでした。

小林鷹之氏の公式のホームページの略歴には、

「サラリーマン家庭の長男として生誕」

とありました。

小林鷹之氏の母親の情報は公開されておらず、

名前や年齢は不明でした。

ただ、小林鷹之氏の2020年の母の日のFacebookの投稿には、

「実家の母にも花を贈りました」

とありました。

小林鷹之氏の実家は千葉県市川市。

おそらく、小林鷹之氏の母親は、現在千葉県市川市に在住で、

八代市とも近いので頻繁に会っているのではないかと思います。

小林鷹之の兄弟について

小林鷹之さんの兄弟は、おそらく弟が1人いるのではと思われます。

小林鷹之さんの公式のホームページのブログに、

8歳年下の従妹の結婚式に出席した時のことが書かれていました。

そこに、

「今日は従妹の結婚式に出席しました。 母方のいとこは二人しかおらず、唯一の女性。 私と弟にとってみれば、妹同然です」

とあったので、

割と年の近い弟がいるということが判明しました。

ただ、小林鷹之さんの弟の情報は非公開のようで名前や年齢などは不明でした。

この先、小林鷹之さんの知名度、

注目度は上がっていくと思われます。

それにともない、家族の情報も出てくるかもしれません。

分かり次第、また追記していきます。

まとめ

今回は、岸田内閣のもと、

「経済安全保障」の担当大臣に抜擢された小林鷹之氏の家族について調べてみました。

小林鷹之氏の嫁は、現役の弁護士で大学時代の同級生。

小林鷹之氏の家族構成は、小林鷹之さん、嫁、娘の3人です。

娘の名前は小林遥夏さんで、年齢は11歳。

小林鷹之氏の父親の名前は小林泰芳さんで、2015年に他界されている。

小林鷹之氏の母親はおそらく千葉県市川市に在住、兄弟は年の近い弟が1人いる。

ということが分かりました。

新設された経済安全保障相は、

新興企業の支援、育成など産業政策を支えるため、供給網の確保や最先端技術の流出防止を担う重要な分野です。

その大臣に起用されることとなった小林鷹之さん。

前評判も高く、その働きぶりに期待が高まっています。

イケメンのさわやかなイメージとともにその働きぶりが多くの国民に知れ渡ることとなるでしょう。

女性ファンも増えるのでは?

注目ですね!